2014年12月22日

骨董品や切手買取り店と古物商法

骨董品と言うのは、古い時代に作られた陶器製品や刀、美術品などの事を意味しています。

骨董品を扱うお店は多く在りますが、持ち込む商品の価値を見出してくれるお店でもあるのです。

自宅に眠っている骨董品を売りたい場合は、このようなお店に持って行くことで査定をして貰う事が出来ます。
査定金額で了承出来る場合は、そのお店で売却が出来るという事です。

切手の買取りを行うお店も数多く在りますが、切手の中にも希少価値が高い物も少なくありません。
関東大震災や国内での戦争などにより多くが焼けてしまったりしたものは希少性が高く、高額での取引が行われる事があるのです。

骨董品や切手を買取るお店と言うのは古物取引を行うお店であり、古物法と呼ばれる法律に基づいて運営を行っています。 偽造品などを防止する目的において、買取に出す場合には運転免許証などの提示が必須となるのが特徴なのです。

posted by まだまだ現役 at 10:12| Comment(0) | 骨董品買取